仮想通貨ウォレットのおすすめ

仮想通貨ウォレットのおすすめ

ウォレット

 

 

仮想通貨保管には欠かせないセキュリティの高さ

 

2018年1月末に、コインチェックの取引所から仮想通貨「NEM(ネム)」の不正流出がありましたね。

 

コインチェック取引所が、ネムホットウォレットで保管していたところ、秘密鍵が盗まれてネムが不正流出してしまいました。

 

コインチェック取引所ネムを、コールドウォレットでの保管が難しいということから、ホットウォレットで保管していたということなのですが、ホットウォレットオンラインで保管するので危険が高いのです。

 

しかしオンラインでの保管の利点は、利便性が高いということです。

 

この時、コインチェックネムマルチシグを利用していなかったということも話題になっています。

 

 

マルチシグとは、秘密鍵が盗まれた場合に備えて、複数の公開鍵を登録し、それぞれに対応する秘密鍵で署名をすることによって取引が出来るようになっています。

 

 

たとえば、3つの秘密鍵のうち2つを使って署名すること(2of3)や、2つの秘密鍵全てを使って署名する(2of2)というように、複数の鍵が必要なことからセキュリティが高くなっています。

 

 

また、マルチシグは3から、そのほかは1からアドレスが始まります

 

マルチシグの他、一つの公開鍵に一つの秘密鍵で署名をするシングルシグがありますが、セキュリティ面では当然マルチシグの方が高くなります。

 

しかしマルチシグは安全性が高いものの、オペレーションが増えたり即時出金に対応していなかったりといった、利便性は低いという面があります。

 

 

マルチシグを利用しておらず、保管先もホットウォレットだったということで、コインチェックは管理の甘さを露呈することとなってしまいました。

 

 

おすすめのウォレット

 

 

この件で、改めて取引所に預けておくことの危険性を感じた方々が、コールドウォレットに通貨を移動させるといった動きが多いようです。

 

ここでウォレットについてわかりやすくまとめます。

 

  • デスクトップに保管、ソフトウェアウォレット
  • 取引所に保管、WEBウォレット
  • スマホに保管、スマホウォレット
  • オフラインで保管、ハードウォレット

 

一番安全性が高いのがハードウォレットです。

 

ハードウォレットは使用時にUSB繋ぐ手間がありますが、オンラインで取引をする時間を短く出来、その分危険にさらされる時間も短縮できるという利点があります。

 

大切な通貨はオフラインで保管し、自分の財産は自分で守っていきましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。